• MCPアセット·マネジメント

    MCP Tokyo

お客様本位の業務運営を実現するための方針

MCPグループ(以下「当グループ」といいます。)は香港に本社機能を有する独立系運用会社であり、主として機関投資家に対して資産運用に係るベストソリューションを提供することを企業理念とし、顧客のニーズに沿ったカスタマイズポートフォリオの運営・問題解決手段の提供等に特段の強みを有しています。

MCPグループに属するMCPアセット・マネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)は、日本における金融商品取引業者として第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業を行っています。当社はフィデュ―シャリー・デューティの取り組み推進とお客様第一の業務運営の徹底を目指し、2017年3月30日付で発表された、金融庁の「顧客本位の業務運営に関する原則」に則り本方針を策定し、本方針に係る取り組み状況を定期的に公表いたします。また本方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直しを行います。

お客様本位の業務運営

方針1

当社は、お客様に対して誠実・公正に業務を行い、お客様本位の業務運営を徹底するよう努めます。

商品開発・提供

方針2

当社は、当社グループの運用能力を活用し、お客様のニーズに応える運用商品の組成と提供に努めます。また広く一般に提供する商品については、その特性を踏まえ、いかなるお客様を想定して組成した商品であるかを十分認識したうえで、お客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズにふさわしい商品の販売・勧誘を行うよう努めます。

お客様に分かりやすい情報提供

方針3

当社は、手数料等の明確化を図るため、顧客が負担する手数料その他の費用等に関する情報(対価となるサービスやトータルコストがリターンに与える影響等)をお客様が理解できるように分かりやすく提供します。
また当社は、金融商品・サービスの販売・勧誘等に係る重要な情報については、お客様が理解できるよう分かりやすく提供します。

利益相反の適切な管理

方針4

当社は、利益相反管理方針に基づき、当社又は当グループの会社が行う取引等によりお客様の利益が不当に損なわれることのないよう、利益相反の適切な管理に努めます。

ガバナンス体制、法令遵守

方針5

当社は、お客様第一の業務運営、利益相反管理等フィデュ―シャリー・デューティ取り組み推進のため必要な方針等を整備し、ガバナンス体制・内部統制の強化に努めます。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

方針6

当社は、お客さまの最善の利益を追求するための行動、利益相反の適切な管理等を徹底するために、コンプライアンス評価を従業員の評価指標の一つとしております。
また、全従業員を対象として、コンプラインスに関する研修を、定期的かつ継続的に実施し日々研鑽を重ねております。