• MCPアセット·マネジメント

    MCP Tokyo

弊社では、国内外の金融機関、年金基金、事業会社等に対し、代替投資商品や商業用・居住用不動産への投資機会をご提供することを主たる事業としております。 弊社スタッフは、国内外の金融機関等で経験を積んだ高い専門性を有するエキスパートで構成されており、大手にはない機動性と革新性を武器に、幅広い金融商品取引サービスを提供しております。

MCPアセット·マネジメント

沿革

MCPグループでは、持株会社であるMCP Holdings Limitedの傘下に、それぞれ金融商品取引業に従事する100%子会社であるMCPアセット・マネジメント証券(以下、”証券”)及びMCP投資顧問(以下、”投資顧問”)を有しており、証券が第一種金融商品取引業及び投資助言・代理業を、投資顧問が第二種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業を行っておりました。 2015年7月1日に、両社の金融商品取引サービスをワンストップでご提供することを目的として、存続会社を投資顧問、消滅会社を証券とする合併により、MCPアセット・マネジメント株式会社は誕生いたしました。

主な事業内容

  • 代替投資商品に対する投資運用・投資助言サービス
  • 商業用・居住用不動産への投資機会の提供
  • 定性評価および定量分析等、運用会社および投資商品の選定支援サービス
  • 運用会社との条件交渉の代行サービス
  • 投資スキームの提案・構築
  • 運用結果の分析・評価・レポーティング
  • 関連する投資・金融に関する情報の提供
  • 運用会社および投資商品に対する継続的モニタリング

日本証券業協会

マイナンバー